Skype,良いところ,人,中身,入れる,


Skypeの良いところは人の中身から入れること

Skypeの良いところは現実世界と違って中身から入れることだろう。

 

リアルだと相手の年収や社会的地位が前面に来ることが多い。相手が社長だったらヘコヘコしたりお金持ちだったら媚びたりするということが非常に多い。

 

 

それは厳しい現実世界を生きていくために必要な行為かもしれないが、そういう人間関係ははっきり言ってダルい。だから20超えているのに今更「内面だけで勝負したい」というのも子供じみているだろう。世間の評価というものは地位や年収によって決まることが多いのだから。

 

 

Skypeは別だ。

 

 

SkypeはSkypeなりに別の世界のどうでも良い基準があるが(声とか)、現実世界のように年収や地位でモテたりモテなかったりとかが決まるわけではない。

 

現に俺は現実世界で勝ち組だと言える立場ではないが、それでもそれが良いと言ってくれる女はいる。別に俺が凄く魅力があるということを言いたいわけではない。「需要は様々だから、俺もあなたも受け入れてくれる人が絶対いる」ということを言いたいのだ。

 

 

極端ことを言えばブサボでも受け入れてくれる人はいるし、ブサメンでも相性が合えば全然OKという人も多い。
男の顔にこだわっている人も勿論いるが、案外こだわっていない人も多い。むしろ顔が良くて年収が高くても「自分と価値観が合わない」というだけで告白を断る女もいる。

 

 

ぶっちゃけた話、女はプライドが高い。

 

 

自分が受け付けない人間は絶対に受け入れない。だからイケメンでもイケボでも絶対に攻略できるとは限らない。むしろ告白が失敗するのはよくあることだ。それはただ単に相性が悪いからだと言えるだろう。

 

 

 

人の中身から入る。これは単純なようで現実世界では非常に難しい。

 

 

特に大人になってからはそうだ。大人になればなるほど社会的地位やステータスというものが重視される。社会的地位が低くても話が面白い奴や性格が良い奴はいくらでもいるはずなのに、なかなかそういう人は評価されない。

 

 

仕事ならともかく、恋愛くらい相手の中身を見て選んで欲しいと俺は思う。相手に年収やら社会的価値やら顔やらを求めるのは勝手だが、自分が本当に望んでいるものはそういうことなのかと考えてみて欲しい。

 

顔が絶対的な価値観だったら顔が良い女を探せば良い。年収が絶対的な価値観だったら年収が高い男を探せば良い。

 

 

だけど、それだけだと付き合えたとしても後々キツくなるよというのは言っておきたい。

 

Skype,良いところ,人,中身,入れる,

出会うならやっぱりワクワクメール!