Skype,出会った,体験談,彼女,作る,恋人,


Skypeで出会った体験談【鈴谷】4

こうして鈴谷と付き合うことになって俺。

 

 

あなたに伝えたいことだが、付き合うこと自体は全く難しくない。

 

しかし、リアルまで持っていくのが難しい(;・∀・)

 

 

鈴谷もそうだが、彼女はネットでの彼氏はできたことはある。だから彼女の視点からすれば俺は初彼氏ではないわけだが、リアルで男と会ったわけではないしリアルまで持ち込めば俺が正真正銘の初彼氏というわけになる。

 

これがSkypeで出会う醍醐味だろう。

 

 

 

男は誰でもそうだと思うが、少なからず純粋さを求めるところがある。特に男は「初めて」という言葉に非常に弱いので、そういう女は非常に需要がある。しかもその女が若ければ若いほど俺みたいな男が寄ってくるのでネットで彼氏を作るのは難しくない。

 

 

でも、どうせならリアルにつなげていきたいよね(・∀・)

 

 

リアルで会いたければまずは警戒心を解くのが大切だ。警戒心を解きたければ毎日通話するのが一番良い。

 

 

特に大切なのは個通をすること。

 

 

俺はその日以降毎日鈴谷に個通をかけたり、チャットをしたりした。警戒心を解き、相手に受け入れて貰うために個通戦略を取ったのだ。

 

 

人間は長く接している人に対して好印象を持つ生き物だ。
これは心理学で実証されているので真実だと思って貰っても良い。超絶イケメンのアイドルでも会えなければ意味はない。

 

 

実際に会話することができ、会える奴が勝つのだ。

 

 

だから遠距離恋愛は失敗しやすい。

 

 

遠距離恋愛が上手くいかないのは会えない期間が長く続くからだ。お互いに会えないと寂しくなったり欲求不満に感じたりして他の異性になびくことがよくある。

 

 

 

そういうことを防止したければできるだけ住みが近い女の子を口説き、「私はこんなにあなたのことが好きなんですよ」とアピールし続けるしかない。

 

まあ、ネット上と言えども両方付き合う関係に至ることができれば少なくとも相手は悪い気はしていないので、積極的に行って良いと思う。

 

 

特に大切なのは寝落ちをすることだ。Skypeでは寝落ち通話という文化が存在し、寝落ちすればするほど女の子と仲良くなれるという意味の分からない風習がある。

 

 

 

 

俺は寝落ちは好きじゃないが、寝落ちするくらいで親密度がアップするなら安いものだ。相手が寝ている間に自分はサブ垢で他の会議に参加するということも普通にやっていた。

 

 

毎日の寝落ちと個通で俺と鈴谷は少しずつ親密になっていった。(ていうか、今思い返せば鈴谷はちょろい気がする。さすが10代学生。男慣れしている女だったらこうはいかないだろう)

 

Skype,出会った,体験談,彼女,作る,恋人,

出会うならやっぱりワクワクメール!