Skype,好きじゃない,好き,言う,出会う,


好きじゃなくても「好き」と言うべき!

Skypeで出会いたければ好きじゃなくても「好き」というのが大切だ。

 

 

これは一般的な価値観になるのだが、好きな人相手でなければ好きと言わなきゃいけないという傾向がある。しかし、それはただの思い込みであり、そうしなければいけないという根拠は何もないのだ。

 

 

好きじゃない相手にも好きと言わなきゃダメだ。

 

 

なぜか?

 

 

 

それは相手から自分のことを「異性」として見られているか知るために重要だからだ。これが「友達」として見られていたら意味がない。友達から恋愛関係に発展する可能性は低いため、できれば最初から異性として判断して貰うのがお勧めだ。

 

 

で、異性として意識して貰うのに重要なのが「好き」ということなんだな。

 

 

好きという言葉を発するだけで「異性」として見て貰える可能性が高くなる。更に言えば特別な感情でこちらのことを意識する可能性も高まるため、俺的には好きじゃない人にも好きというのはお勧めだ。

 

 

が、これは諸刃の剣である。

 

 

俺がそうなのだが、俺は好きでもない人に好きと言いまくって「ちゃらい」というイメージを植え付けられたことがある。要するに女だったら誰でも良いという形で風評被害を食らっているのだ。

 

実際問題、その影響によって「他の部分は付き合っても良いけど、女の子だったら誰でも良さそうだから付き合わない」と言われたことは一度や二度ではない。つまりこの戦略は使う頻度に注意ということだな!

 

 

そもそも好きじゃない相手に好きということに対し、抵抗感を抱く人もいるだろう。それに関しては個人の自由なのでに何も言わないが、本気で会いたいなら好きと言うべきだと思う。

 

 

そもそも付き合っていくうちに好きになることもよくあるわけだし、自分の本心とは違う言葉を言っても罪だとは俺は思わない。

 

 

まあつまり、他人の言葉を素直に信用するのはやめろっていうとことだな!!!

 

Skype,好きじゃない,好き,言う,出会う,

出会うならやっぱりワクワクメール!