Skype,知り合う,好き,言いまくる,引かれる,


知り合ってすぐに最初から好きと言いまくると引かれるぞ!

これは俺の失敗談だ。

 

 

Skypeで出会いたければ好きということが大切だ。だがしかし、早めに出会いたいと駆け足になりすぎて出会った途端に「好き」と言いまくった過去が俺にもある。

 

 

勿論これは失敗した。

 

 

当然と言えば当然だ。なんで知り合ってすぐに好きという感情が湧くのか。そもそも知り合ってすぐに好きと言われても相手は嬉しいわけがないし、逆に気持ち悪がられるのがオチだろう。

 

 

そもそも好きになってくれたとしても、「知り合ってすぐに好きになるくらいだから軽いんだな」と判断されてもおかしくない。

 

 

知り合って最初からガツガツいくのは良い面と悪い面がある。俺は昔は最初からガツガツ行っていたが、今はそれを抑制している。

 

 

まず、ガツガツの定義について語りたいと思う。

 

 

知り合っていきなり好きと言ったり、付き合いたいと言ったりするのはダメなガツガツだ。こういう風にガツガツする人間は十中八九軽いイメージを持たれてしまうので絶対にやめよう! 俺はそれをやったことがあるが、一度も上手くいった試しがないのでやめておいた方が良い。

 

 

じゃあ、逆に良いガツガツとは何なのだろうか?

 

 

それは最初から好きということを告げないで個通をかけまくるというパターンだ。LINEで連絡を取るのも良いんだが、俺的には個通をしまくって仲良くなることをお勧めしたい。

 

個通の威力は凄い。

 

 

最初は大して親しくない相手でも個通をすればするほど仲良くなれる。もう異性と仲良くなりたかったら個通の回数を重ねるのが一番良いというくらい個通の力は偉大だ。

 

 

しかも個通だと色々話すことができるから、自分のタイプだと思わなかったらすぐに断ることもできる。

 

 

これが大きなメリットだろう。

 

 

はっきり言うがダラダラ付き合うよりも見切りをつけるなら早い方が良い。損切りは早い方が良いと言われるが、それはSkypeにも通用する。

 

いくら個通する仲になっても最初から好き好き言いまくるのはやめた方が良いのだ。

 

Skype,知り合う,好き,言いまくる,引かれる,

出会うならやっぱりワクワクメール!