Skype,自己分析,判断,面白い,人間,


Skypeで自己分析をすることができる

Skypeをしていると自己分析をすることができる。

 

 

どういうことかというとSkypeで自分の面白さというものを知ることができるからだ。

 

Skypeでは面白い者とイケボが勝利する世界だ。面白い奴はそれだけで人気が出ていろんな会議に呼ばれるし、その分出会いの機会が増えるというわけだ。

 

 

Skypeでも面白い奴と面白くない奴の差は激しい。

 

 

面白い奴は自分からどんどん話題を提供してくれるから会議でも重宝される。特に面白い奴と個通したいという女性の需要は高いのではないのだろうか。

 

これは俺の持論だが、男は自分から話題を提供しないとダメだと思う。

 

 

基本的に女性は受け身であることが多い。

 

 

女性は自分から話しかけてくれる人を好む。特に自分に自信がない人は自分に関する話を振ってくれる人を好むため、積極的に話題を提供してくれる男性はモテる対象になるということだな。

 

 

しかし、自分から積極的に話を振れなかったりトークが面白くなかったりする男はその時点で、「コミュ力がない」という評価をくだされてしまう。

 

 

そういう人間はSkypeには向いていないのではと思う。

 

 

Skypeで出会いたければどれだけ長く絡むかが重要だ。俺も一年以上絡んでいて初めて会った女の子もいる。基本的に絡む年月が長ければ長いほど出会える可能性は高くなるし、付き合える可能性も高くなる。

 

 

ただ、女は本当に厄介な生き物で、「自分のストライクゾーンに入っていない人間だと全く相手にしない」ということが多々ある。

 

そのため、いくら長く付き合ってても付き合えないことはたまにある。ただこれは誤解して欲しくないのだが、付き合えなくても出会えるというケースは多々ある。

 

 

 

自分が話に向いているか向いていないかをまず知ることが大切だ。Skypeを通じて自分のコミュ力について自己分析してみよう。

 

Skype,自己分析,判断,面白い,人間,

出会うならやっぱりワクワクメール!